sonota Journal
fc2ブログ

秋田木工のスツールを仕上げました

  • Day:2022.11.26 17:16
  • Cat:sonota

お客様からのご依頼で秋田木工のスツールを仕上げました


 BEFORE

1669441012571.jpg


 AFTER

1669441016605.jpg

今回はPVCレザーで張り替え

汚れてもさっと水拭きできるところがいいですね


このスツール、メンテナンスをさせていただいた台数は数知れず…

シンプルな構造

軽くて、重ねることができて、とにかく丈夫

手を加えながら改めて好きになるデザインです


1958年にリリースされてから現在まで続くロングセラー

デザインを手がけたのは日本が世界に誇るデザイナー、剣持勇(1912年 – 1971年)

スツールの正式呼称は「No.202」というナンバリングのみだが

今では「剣持スツール」「秋田木工スツール」で通じるほど親しまれている

2013年にはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞

もはやスツールの代名詞的存在となっている


それを実現しているのは秋田木工の熟練した職人たち

ドイツ人、トーネットが開発した曲木技術を継承

秋田木工でしか実現できないとまで言われる高度な技術を駆使して

日本唯一の曲木専門ブランドを築き上げた

ただその一方で、経営は困難を極め破産

2006年に大塚家具の傘下に

2019年、大塚家具がヤマダデンキに買収され、ヤマダデンキの傘下へ

会社に翻弄されてしまう秋田木工だが

その技術が絶やされずに続いていくことへの安堵は大きい


最後にこのスツールのコストパフォーマンスを少し…

秋田木工の現行品は税込み19,800円

アルヴァ・アアルトがデザインしたartekのスツール60は現行品で 28,600 - 50,600円

柳宗理がデザインした天童木工のバタフライスツールは現行品で55,000円


ご実家に、ご祖父母様のおうちに、事務所の片隅に

風景と化してしまったNo.202はありませんか?

sonotaでは張り替え、はめ込みの直し、傷んでしまった板座の制作などしております

是非ご相談ください




sonota

お問い合わせはこちらから・・・・・ask@sonota.jp

Instagram
関連記事

第18回 東京蚤の市

  • Day:2022.10.17 11:51
  • Cat:sonota
東京蚤の市】 はご存知ですか?

2012年にスタートした東京蚤の市は

10年経って、今回第18回目を迎えます


nomi18-square (1)



sonotaは2014年、秋からの参加になります

実は主催の手紙社様よりメールを頂戴したときはこのイベントのことを知らず…

今まで屋外での販売なんて経験したこともなかったので

蚤の市ってどんな感じ?

できる?

どうやる?

無理じゃない?

とかなり消極的だったのを覚えています




返事を考えていた時、お客様から偶然東京蚤の市のことを教えていただきました

余談ですがありがたいことにアンテナ、感度の高いお客様が多くて

sonotaの情報源はお客様発信がほとんど…、ありがとうございます!

このときお客様にお話を伺って、「参加してみたい!」と気持ちが動き

気が付けばあっという間に2022年

途中開催できない期間もありましたが今年の春に2年半ぶりの復活

そして秋へ―




ホームではなくアウェイでの展開は未だに手探り状態

まわりのショップの方に手伝っていただいたり

アドバイスを頂いたりして、毎回汗をかきながらの参加ですが

初心に帰ることができる、とても刺激的で大切な場所となりました


DSC_0130_20221017113832995.jpg

DSC_0126_20221017113830c8b.jpg


今回もショップ、フード、ライヴ、パフォーマンス、ワークショップなど盛りだくさんなので

興味のある方は是非!


第18回 東京蚤の市
https://tokyonominoichi.com/2022_autumn/

主催 手紙社
https://tegamisha.com/





このイベントへの準備、参加に伴うお休みは

sonota HP
https://shop.sonota.jp/

sonota インスタグラム
https://www.instagram.com/sonota_photo/

で後日お知らせします





sonota

お問い合わせはこちらから・・・・・ask@sonota.jp

Instagram

関連記事

ルートヴィヒ美術館展

  • Day:2022.09.04 00:33
  • Cat:sonota
絶望的に暑かった夏も、ちゃんと去ろうとしている

夕方になって少し肌寒かったりすると

連日苦痛だったあの暑さのことですら、もう思い出しづらい

人間は本当に逞しい




そんな夏の一日、涼を求めて美術館へ

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

会場は国立新美術館

ここは行ってみたかった場所だったし



乃木坂駅を降りたら直結

黒川紀章が設計した「森の中の美術館」に迷うことなく訪れることができた

PXL_20220826_013106588-01.jpeg

1662208984967.jpg

入館だけなら料金はかからない

興味のある展示にそれぞれ料金を支払って入ることができる

時間がなかったからこの日はルートヴィヒだけを購入

ガラスカーテンウォールは外からも眺めたかったし

館内ももっと探索してみたかったから、また今度来ることにしよう


内容は20世紀初頭から現在まで

時系列に沿って膨大なコレクションをディレクションして展開

見ごたえのある構成で、あっという間に2時間ほどを経過していた


PXL_20220826_031505260-01.jpeg

ルートの一番最後、ここだけはフォトスポットになっていて

自分も1枚撮ってみた

デジタルタトゥーを利用して、ネット空間に永遠に生き続けるという作品

ハシビロコウ


東京会場は9月26日まで

京都会場は10月14日から1月22日まで



ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション





sonota

お問い合わせはこちらから・・・・・ask@sonota.jp

Instagram
関連記事

椅子を分解する

  • Day:2022.08.09 20:11
  • Cat:sonota
1659945018856.jpg

ひとつ、古い椅子が入荷してきた

それは70年代に辻木工が制作したアームチェア

20年前にはよく見かけたのに

最近はなかなか出会う機会がなくなってしまったモノのひとつ


【ヴィンテージ】と【アンティーク】の違いは、その古さ

色々な定義があるけれど、50年前くらいのものをヴィンテージ

100年以上前のものをアンティークと呼ぶのが一般的

辻木工のこの椅子も、2022年には立派にヴィンテージへと昇格したというわけだ


とはいえこの椅子、昔から苦手なところがふたつあって

それはビニルレザーの何とも言えない色合いと

フレーム塗装のテカテカした表情

カタチは割と好きなんだけど、どうしたものか


なんて、深刻ぶることもなくやることはとてもシンプル

苦手を取り除く

ただそれだけ


椅子なんてだいたいこんな感じ

カイ・クリスチャンセンだってイケアの椅子だって

ばらす工程と様子は同じ

折れたりしていなければ、きれいに外すことができて

元どおり組み直すことができる


シートを留めているタッカーの芯はびっしりと食い込んでいるから

ひとつひとつ丁寧に取り除いていく

これが一番地味な作業


フレームはテカテカの塗装を剝がしてから磨く

ひたすら磨く

素地が表出して、滑らかになったらオイルを塗布

木部はそれをよく飲み込んで潤いを取り戻す

PXL_20220808_024519491.jpg

ファブリックはグレー系をセレクト

背もたれのグレーに対し、シート部分は濃いめにしてツートンで仕上げた

PXL_20220808_024702807.jpg

仕上げながらいつも思う

これをまた誰かが張り替えたり、直したりするのかな

一瞬手が止まりそうになって、そんなことを考えている自分が可笑しくて

でも、未来のその人に笑われないように仕事をする


今日も1脚仕上がりました


辻木工 Vintage Armchair アームチェア






sonota

お問い合わせはこちらから・・・・・ask@sonota.jp

Instagram


関連記事

7月から営業日を変更します


営業日を改定します


営業日 : 月曜日、火曜日、土曜日、日曜日

営業時間:12:00-18:00 


予約制営業日 : 水曜日、木曜日、金曜日


 ご来店希望日は以下の方法でご連絡ください

・メール ask@sonota.jp

・インスタグラムのDM

・電話 0298795263


不定休あります

その際はインスタグラム、ホームページでお知らせします


最新の情報は、インスタ、ホームページでご確認ください



皆様に快適にご利用いただけるよう

また、より楽しい情報をお届けできるよう努めてまいります

何卒よろしくお願い申し上げます


sonota 店主



sonota


関連記事